きれいになろう、新宿の医療脱毛

Posted on

医療脱毛はレーザーを使用します。

レーザーの波長が黒いムダ毛のメラニン色素に吸収、発熱して、色素だけでなく毛母細胞の部分を破壊します。

このことで、ムダ毛は再生力が低下するので、これを繰り返すうちに脱毛効果が出るという仕組みになっています。

エステ脱毛と違うのは、医療脱毛はレーザーを用いるため、出力が高くなります。

そのため、ムダ毛のケアだけでなく、皮膚に影響が出るリスクもあります。

やけどにならないように冷やしながら施術を行います。

皮膚のメラニン色素が濃い場合は、レーザーの吸収量が必要以上にあがります。

日焼けで真っ黒に肌を焼いている人、施術箇所にほくろや色素沈着などがある人はあらかじめ相談しておきましょう。

色素の濃い施術部位にあった波長の長いレーザーを用いることもできます。

医療脱毛は1度で全ての脱毛が終わるわけではありません。

毛周期の成長期にあわせたタイミングを見て、施術後の肌が落ち着くのを待って繰り返し脱毛ケアを行います。

個人差はあるものの、1~3か月の間に1度施術をするようにすれば、新宿のサロンに3回から6回で十分な効果を得られるとしています。

医療脱毛は医療行為に相当しますが、脱毛は美容目的の範疇なので保険の適用対象外になります。

新宿のエステの激安脱毛サロンに比較すれば高額になりますが、必要回数が少なく期間も短いので、総額では双方とも同額程度のコストになります。

痛みは人によって感じ方がさまざまですが、一般的に痛いといわれています。