新宿での医療脱毛の手順

Posted on

医療脱毛の歴史は、レーザー脱毛の歴史を考えると良くわかります。

1995年にFDA(アメリカの厚生労働省)が効果と安全性を承認したことで普及しました。

レーザーによる脱毛ケアは、専門的な技術と知識に基づいた施術ですから、医療機関のみが使用を許されています。

レーザーはメラニン色素にのみ反応して熱を出し、ムダ毛の根本から破壊して脱毛します。

エステの光脱毛との違いは、照射のパワーが違う点です。

永久脱毛は光を用いた脱毛機器ではできません。

照射を行う前には日焼けはできません。

日焼けした肌は、肌のメラニンにレーザーが反応してやけどの原因を作ります。

脱毛ケアを行っている間は、太陽光線に直接当たらないように長袖などを着用、日焼け止めを使って日焼けを防ぎましょう。

顔のレーザー脱毛は、メイクをきれいに落として行います。

レーザー光線を残ったメイクが過剰に吸収してしまうと、やけどの原因になります。

日焼け止めや化粧水、乳液といった基礎化粧品も同様です。

新宿のクリニックでは化粧室も充実しています。

新宿の医療脱毛の施術の予約を入れたら、その日に向かってムダ毛の自己処理はやめます。

しっかり毛根ができた状態で、施術の前の日にかみそりを使います。

当日施術では、輪ゴムではじかれるような痛みがあります。

痛い時は身体を動かさずに、出力の調節をしてもらうように申し出ましょう。

ムダ毛が密集している部位、太い毛が多いところは痛みを感じることが多いです。

施術後は少し熱くなったり赤味が出ることもあります。

痛さが残ったり、違和感を感じたら相談しましょう。


きれいになろう、新宿の医療脱毛

Posted on

医療脱毛はレーザーを使用します。

レーザーの波長が黒いムダ毛のメラニン色素に吸収、発熱して、色素だけでなく毛母細胞の部分を破壊します。

このことで、ムダ毛は再生力が低下するので、これを繰り返すうちに脱毛効果が出るという仕組みになっています。

エステ脱毛と違うのは、医療脱毛はレーザーを用いるため、出力が高くなります。

そのため、ムダ毛のケアだけでなく、皮膚に影響が出るリスクもあります。

やけどにならないように冷やしながら施術を行います。

皮膚のメラニン色素が濃い場合は、レーザーの吸収量が必要以上にあがります。

日焼けで真っ黒に肌を焼いている人、施術箇所にほくろや色素沈着などがある人はあらかじめ相談しておきましょう。

色素の濃い施術部位にあった波長の長いレーザーを用いることもできます。

医療脱毛は1度で全ての脱毛が終わるわけではありません。

毛周期の成長期にあわせたタイミングを見て、施術後の肌が落ち着くのを待って繰り返し脱毛ケアを行います。

個人差はあるものの、1~3か月の間に1度施術をするようにすれば、新宿のサロンに3回から6回で十分な効果を得られるとしています。

医療脱毛は医療行為に相当しますが、脱毛は美容目的の範疇なので保険の適用対象外になります。

新宿のエステの激安脱毛サロンに比較すれば高額になりますが、必要回数が少なく期間も短いので、総額では双方とも同額程度のコストになります。

痛みは人によって感じ方がさまざまですが、一般的に痛いといわれています。