医療脱毛の施術後のケア

Posted on

新宿で医療脱毛の施術が終わったら、冷却ケアをします。

熱くなったり、毛穴が赤くぷつぷつしたりしている時もありますが、メラニンがレーザー光線に反応しているために起こることで、特に問題はありません。

人によっては数日間続くこともあります。

しかし1週間を超えて症状が消えないという場合や、かゆみを伴ってくる場合には、薬を処方してもらえます。

かゆみがある場合に、かきむしってしまうとあとが残り、色素沈着などの危険があります。

毛抜きなどで長期にわたって自己処理をしてきた人の場合、刺激によって表皮が硬くなって毛が自力で表皮から生えて出てこなくなっている人の場合、毛膿炎という症状が出ることがあります。

これは埋没毛などとも言われ、ムダ毛が抜け落ちる時に、表皮から抜けてくることができずに埋没したまま残り、そのことで炎症を起こしてしまう症状です。

かゆみなどがともなう場合には、クリニックに相談しましょう。

その日の体調が左右することですが、赤味が強くでたり、色素沈着、色素脱失のような症状が一時的に出ることがあります。

レーザー光線で一度にムダ毛を処理するので、肌が乾燥してしまうこともあります。

乾燥が進んでしまうまえに、手持ちのものでも構わないので、保湿ケアをしましょう。

保湿のアイテムは香料などの刺激物の少ないタイプを選びましょう。

新宿での医療脱毛後にはお風呂でこすったり、日焼けしないように日焼け止めを使いましょう。

毛抜きを使った自己処理はやめて、脱毛プランが終わるまではかみそりを使用する程度にしましょう。

※万が一の時の為に⇒【URL:http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/biyo.html